食品用小型脱水装置

ゼオライト膜を利用し、水分だけを選択的に除去します。

食品用小型脱水装置の特長

水分だけを除去

三菱ケミカルの開発したゼオライト製浸透気化膜を利用して、液中から水分のみを選択的に分離するシステムです。分子サイズの差を利用した分離方法ですので、うまみなどの成分を損ないません。

加熱履歴がありません

加熱して水分を除去する方法とは異なり、熱に弱い成分を残したい場合にも有効です。
有用成分などの変性なしに濃縮ができ、新商品開発の可能性を秘めています。

コンパクト設計

小型装置なので、どのような場所にも設置可能です。

対象例(テストを行っておりますので、お問い合わせください。)

  • 酒類の濃縮
  • 果汁の濃縮
  • 調味料の濃縮

システム構成

食品用小型脱水装置のシステム構成として、バッチ循環方式と、簡易浸漬式をご用意いたしております。

バッチ循環式

テスト装置の概要仕様
寸法 本体 W800×D600×H950
重量 本体 60kg
脱水
能力
15wt%エタノール水溶液、
40℃、30torr 約 40cc/hr
用役 AV100V

簡易浸漬式

テスト装置の概要仕様
寸法 本体 W500×D150×H150
重量 本体 5Kg
脱水
能力
15wt%エタノール水溶液、
40℃、30torr 約 40cc/hr
用役 AV100V

ゼオライト膜とは

ゼオライトは沸石類鉱物と呼ばれる、ケイ素やアルミ、酸素が結びついた鉱物の総称です。構成されるシリカとアルミナの比により構造が異なりますが、結晶中に分子レベルで物質をふるい分けることができるほどの小さな孔を有しています。ゼオライト膜とは、強度保持のための多孔質アルミナ支持体上にゼオライトの膜を水熱合成したものです。

ポイント! 食品衛生法に適合

ゼオライト(不要性鉱物性物質)は食品添加物の既存添加物名簿収載品であり、体内浄化の目的などでサプリメントにも用いられています。
また、ゼオライト膜が食品衛生法「器具及び容器包装」の陶磁器製器具規格に適合していることを確認しております。

財団法人食品分析センターで試験実施

ポイント! 三菱ケミカル製の高性能ゼオライト膜

三菱ケミカルの開発した高性能膜は、従来のA型膜では困難であった、高含水、酸性の対象物の脱水を行うことが可能で、本システムの適用範囲が格段に広がりました。

関連する分野