沿革

1957年(昭和32年) 三菱化成工業(株)の保全工事部門として帆柱工業株式会社を設立する。
1970年(昭和45年) 帆柱工業株式会社が菱化工業株式会社に商号を変更する。
1976年(昭和51年) 三菱油化(株)、三菱重工(株)、三菱商事(株)、千代田化工建設(株)及び三菱化工機の共同出資によって三菱油化エンジニアリング株式会社が設立される。(三菱油化(株)のエンジニアリング業務及び同社のエンジニアリング関連調達業務を担当するほか、広く海外・国内の技術・エンジサービス外販を手がける。)
1978年(昭和53年) 三菱化成工業(株)のエンジニアリング部門として三菱化成テクノエンジニアズ株式会社を設立。
1979年(昭和54年) 三菱油化(株)の機械装置関連の保全会社として、株式会社三鈴メックを設立。
1988年(昭和63年) 菱化工業(株)と三菱化成テクノエンジニアズ(株)が合併し、菱化テクノ株式会社となる。
1992年(平成4年) 菱化テクノ(株)が三菱化成エンジニアリング株式会社に商号を変更する。
1996年(平成8年)

1994年10月に三菱化成(株)と三菱油化(株)が合併し、三菱化学(株)(MCC)となり、傘下でエンジニアリング・メンテナンス会社として並存していた三菱化成エンジニアリング(株)、三菱油化エンジニアリング(株)、(株)三鈴メックの3社が三菱化学エンジニアリング株式会社として合併新発足する。

初代会長に藤村昭雄、初代社長に豊田高が就任。

4支社4事業所3営業支店1センター及び本社という拠点体制でスタート。

1997年(平成9年) 第2代会長に豊田高、第2代社長に沢田尚時が就任。(6月)
1998年(平成10年) 1998年三菱化学から譲り受けた回転成型タンク製造会社である葵プラスチックス(株)を存続会社とし、傘下のユピア技研、当社機材事業部を統合し、菱化イーテック株式会社を設立。
2000年(平成12年) 第3代社長に前原利彦が就任(6月。以後会長職は置かず)
2001年(平成13年) 当社グループの工事会社としてエムイーシーテクノ株式会社を設立。
翌年7月、旧三鈴メックの工事会社であった(株)サンテクノを吸収合併。
2003年(平成15年) 吉富エンジニアリング(株)の営業を譲り受け、九州支社吉富事業所を設置。
2004年(平成16年)

三菱化学の電気計装関連エンジニアリング会社である株式会社三鈴エリーの株式92%を三菱化学から取得(2月)、また三菱化学のイオン交換樹脂販売、水処理関連エンジニアリング会社である日本錬水株式会社の株式90%を三菱化学から取得し(9月)、当社グループ会社とする。

設備管理業務の受託を契機に静岡県袋井に袋井設備技術グループ及び静岡営業所設置。

2005年(平成17年)

第4代社長に権田隆康が就任。(4月)

川崎出張所(横浜市鶴見区)を設置。

2006年(平成18年) 本社事務所を移転。(9月)
(東京都港区芝浦四丁目2番8号住友不動産三田ツインビル東館)
2008年(平成20年)

第5代社長に深尾隆久が就任。(4月)

当社100%子会社であった菱化フォワード株式会社、株式会社エムイーシーシステムを吸収合併する。(4月)

2009年(平成21年)

三菱化学受託メンテナンス業務解消により四国・神奈川・筑波・直江津の4事業所を閉所。(1月)

当社100%子会社であった菱化イーテック株式会社清算。(1月)

2010年(平成22年) (株)三菱ケミカルホールディングス傘下の三菱レイヨン(株)の100%子会社の三菱レイヨン・エンジニアリング(株)のエンジニアリング及びメンテンンス事業を譲り受ける。この事業譲渡を受け組織体制の改編を行い、三菱レイヨン・エンジニアリング組織大竹事業所、豊橋事業所、富山事業所を編入すると共に当社既存各支社を黒崎事業所、水島事業所、四日市事業所、鹿島事業所に改称し、本社組織においては三菱化学、三菱レイヨンの受託業務を担当するオーナーズエンジニアリング本部、PJ2本部にスチールベルトマシンを中心とした機能装置関連業務を担当する機能エンジ事業部、機能性膜を商材とした排水処理関連業務を担当するアクアシステム事業部を発足。
また、関係会社においてのこの事業譲渡により三菱レイヨン・エンジニアリング傘下のMREメンテ株式会社、日本ベルティング株式会社が当社グループに加わる。
一方、三菱ケミカルホールディングスグループのアクア事業再編により、当社が90%の株式(三菱ケミカル10%)を所有していた日本錬水株式会社を三菱レイヨンに株式譲渡する。
2011年(平成23年) 三菱ケミカルホールディングスグループを含めたお客さまへの海外展開の加速、拡大に対応すべく全社横断的な組織として「国際センター」を新設。
2012年(平成24年)

三菱化学、三菱樹脂の継続的な設備投資に対応するため、坂出事業所を開所。(4月)

三菱化学、三菱レイヨン、三菱樹脂を初めとした三菱ケミカルホールディングスグループの設備調達業務を担う「設備調達センター」始動。(7月)

本社事務所移転。(7月)
(東京都中央区日本橋本石町一丁目2番2号)

当社が所有していたMREメンテ株式会社の100%の株式のうち86%の株式を壽環境機材株式会社に株式譲渡する。(10月)

2013年(平成25年)

筑波地区における三菱化学の機能商品事業に関する起業及び共通設備を受託するため、筑波事業所を開設。(5月)

2014年(平成26年)

第6代社長に福村龍二が就任。(1月)

当社が所有していた日本ベルティング株式会社の50%の株式のうち36%の株式をベルンドルフ株式会社に株式譲渡する。(7月)

2015年(平成27年)

当社が所有していたイー・メンテ株式会社の14%の株式を壽環境機材株式会社に株式譲渡する。(3月)

営業統括部門であるマーケティングセンターを発展的に解消し、新たに「営業本部」を設置。(4月)

全社戦略技術開発テーマを確実に実行する為、機能商品生産技術センターを「生産技術センター」に改称する。(4月)

2017年(平成29年)

第7代社長に佐久間良介が就任。(4月)

2017年4月に三菱化学、三菱レイヨン、三菱樹脂が統合し三菱ケミカル(株)となったことに伴い、当社商号を三菱化学エンジニアリング株式会社から三菱ケミカルエンジニアリング株式会社へ変更。(4月)