共栄社化学株式会社様 滋賀工場 新製造棟建設工事

最新の温度制御システム導入により
将来に向けた高効率の新製造棟を建設

将来のモデル工場を目指して常にお客様目線でプロジェクトを遂行

共栄社化学株式会社様は奈良工場を本拠に化学品を生産されてきました。さらなる増産やBCP対策を踏まえ滋賀工場に「作業者にとって安全で安心できる工場」をコンセプトに効率性を高めたモデル工場を目指して新製造棟建設を決断されました。当社は20年近く工場の建設・改修計画に携わった経験をベースに、お客様に寄り添うエンジニアリングを展開しました。

産業分野には不可欠なテクニカルパートナー

共栄社化学株式会社様は、産業分野には必要不可欠な助剤や添加剤である金属工業用化学品、機能性モノマー・オリゴマー、塗料添加剤など、ご提案から研究開発、製造、販売まで一貫提供されています。企業理念である「共存共栄」のもと、ユーザー様のテクニカルパートナーとして新たなイノベーションにも取り組まれています。

エンジニアリングのポイント

  • これまでバッチプロセスで培ったノウハウを、DCSの自動制御システムに反映
  • 3D-CADで設備レイアウトを表示し、作業動線や操作性のイメージを共有
  • お客様がタブレットを持ち歩き、現場でも遠隔操作できる仕組みを導入

蒸気による温度管理とDCSで高効率で安心・安全な設備をご提供

いかに温度制御を行い安心・安全に生産能力を上げるかという課題に対し、製造条件にカスタマイズしたDCSと温度管理機能を持つ加熱システムを導入。バッチプロセスで蓄積した知見をプロセスフローに落とし込み、お客様の最適な制御を実現しました。また、3D―CADによる設備レイアウトを作業者の方々と共有し、快適で操作性に優れた作業環境を実現しました。

行政との折衝までサポートしつつ、所定の予算と工期を順守して完工

反応槽の圧力容器認定、危険物エリアでも設置できるガラス窓の消防許可など、行政との折衝もサポート。お客様と打ち合わせを重ね、メリハリのある提案で予算・工期ともに予定通り完工できました。特に、タブレットによるリモート操作は、現場でスムーズに管理できるとお客様が起動式でお披露目されました。

プロジェクトデータ

お客さま 共栄社化学株式会社様
場所 滋賀県
生産品目 機能性モノマー・オリゴマー、塗料添加剤等
当社業務範囲 設計・施工
完成時期 2020年2月