さとうグループ様

さとうグループ神戸総合物流センター
プロセスセンター・チルド部構築

創業351周年、北近畿最大の総合流通企業が地域拡大を目指す

さとうグループ様は、1666年創業、2017年で351周年の歴史を有しており、大型ショッピングセンター、スーパーマーケット、ホームセンターなど71店舗を展開している北近畿最大の総合流通サービス企業です。近年、京阪神近郊への出店を中心に近畿広域の店舗網を拡大しています。

将来を見据えた総合物流センター

将来の出店増、供給量増、供給アイテム増を見据えた本センターは、ドライ(常温)商品、チルド商品の保管・仕分の他、精肉・鮮魚商品の加工・包装を担うプロセスセンター(PC)のほか、おにぎりやのり巻きといった米飯製品を製造する惣菜センターで構成されています。また、将来は最大50店舗に商品供給が可能となっています。

計画から施工までの一貫の取り組みを評価

建設前の立地構想検討の段階からご相談をいただき、立地確定後のセンター基本計画作成、2階のPC・惣菜及び1階のチルド商品配送部の詳細設計、及び内部構築と生産設備機器の一部の施工をご下命いただきました。
PC・惣菜センターは、これまでの豊富な経験と最新の技術を駆使し、お客様が求める「安全・安心の商品づくり」に欠かせないフードディフェンス・フードセーフティ思想の下、商品の鮮度向上に寄与する温度管理及び衛生管理を徹底的に追求。また、作業をされる方が「暑い・寒い」を感じにくい機器・設備を導入し、更に清掃性や安全性などの工夫をした「働きやすい」センターを構築しました。

プロジェクトデータ

お客さま

さとうグループ様

場所 兵庫県神戸市
生産(取り扱い)品目 精肉、鮮魚、総菜
当社業務範囲 基本計画、詳細設計、内部構築工事
完成時期 2017年7月