キッコーマン株式会社様
醸造開発センター建設工事

移転・統合による開発センター建設を
一貫してエンジニアリング・サポート

エンジニアリングのポイント

  • 緊密な連携で基本計画、設計、施工、移設まで一貫サポート
  • 知見・経験を活かし、排水処理設備、微生物実験室、開発室、ボイラー室などをリニューアル
  • 働きやすさを重視した空間設計を工夫。多目的スペースなど快適環境にも配慮

10余年にわたるお付き合いでの信頼関係と実績が評価

2010年完成のボトリング工場を設計・施工して以来、当社はキッコーマン株式会社様の野田エリア各工場の様々な施設の施工に携わってきました。この10年間にわたる無事故無災害の実績、食品をはじめ多様な分野のプラント構築で培ったエンジニアリングサービスの提供、そして機動的な対応力が認められ、この度の「醸造開発センター」新設工事の受注に結実しました。

多様な分野での経験・ノウハウから「新」開発棟に求められる役割を追求

新開発棟は、快適な職場環境と開発業務の効率化を目的に、既存の開発室や実験室、ボイラー室などを支障なく移転・統合するプロジェクトでした。開発棟建設には既設の排水処理設備の解体、新たな排水処理機能への変更も必要で、当社の多様な分野で培った経験と知見から、設備稼働させながら機器を移設するノウハウを駆使したエンジニアリングサービスを提供しました。

お客様のご期待にしっかりお応えする取組こそ、私たちのミッション

醤油製造における技術開発・商品開発を担う施設であるため、お客様と密接な連携がより一層重要となりました。建設需要増による資材不足に対応した工程管理、狭小エリアで安全に作業する場所の確保には苦慮しましたが、社内関係部門が一丸となり、「工期厳守かつ無事故無災害」を達成し、お客様からの使命を果たしました。

お客様紹介

世界100カ国以上で醤油を販売するキッコーマン株式会社様は、醤油のみならず、各種つゆ・たれ類、さらには豆乳、ワインなどの製造、販売を手掛けており、幅広い事業展開を行っています。近年では、食塩分66%カット「超減塩しょうゆ」を発売するなど市場のニーズに向けた商品開発に日々取り組まれています。

プロジェクトデータ

お客さま キッコーマン株式会社様
場所 千葉県
製造品目 醤油と醤油周辺調味料
当社業務範囲 計画・設計・施工
完成時期 2019年10月