第一三共ケミカルファーマ株式会社様
高薬理活性医薬品製造設備 新棟建設工事

最新の封じ込め技術で原薬生産工場の拡張に貢献

エンジニアリングのポイント

  • 新たな原薬製造拠点の建設プロジェクトでEPCをトータルに実行
  • 最新の「封じ込め」技術とエンジニアリング力で、原薬生産体制の高度化に寄与
  • お客様の高度なGMP管理に、当社のメディカルエンジニアリングが貢献

2025年ビジョンの実現に向け原薬の中心拠点拡充をご計画

第一三共ケミカルファーマ株式会社様は、第一三共グループの医薬品原薬と治験原薬の製造を一手に担われているお客様です。グループが掲げる2025年ビジョン「がんに強みを持つ先進的グローバル創薬企業」の実現をリードすべく、小田原工場に高薬理活性医薬品製造設備の新棟建設を計画され、当社の医薬分野における実績と技術力に対する高い評価をいただき、詳細設計・調達・施工・試運転までお任せいただきました。

医薬分野での実績と知見を基にお客様と二人三脚でプロジェクトを遂行

お客様と密接にコミュニケーションを取りながら取り進めを行うなど一体感を持ってプロジェクトの遂行に当たりました。高薬理活性医薬品を取り扱うことから最重要命題として「封じ込め」を確実に実施する必要があり、それを実現するため暴露管理および交差汚染の防止などのノウハウを駆使し、お客様のご要望を実現しました。

高度な施工管理技術を通して関係者の団結で難局を乗り越え無事完工

建設需要の一時的な高まりから資材・作業者の不足などの事態が生じ、工事工程の組み替えによる施工業者との連携や納期管理に苦慮しましたが、お客様、協力会社様、機器メーカー様と一致団結して難局を乗り越え、お客様のビジョン達成に向けた基盤構築の一端に貢献しました。その後も当該設備の増設工事の設計・施工を当社が担うことになりました。

国内における医薬品の原薬、中間体ならびに治験原薬製造を担う原薬製造会社

第一三共ケミカルファーマ株式会社様は、第一三共グループの国内における医薬品の原薬、中間体ならびに治験原薬製造を担う原薬製造会社様です。多様な医療ニーズに応え続けるイノベーションと、高品質な医薬品を安定かつスピーディーにお届けすることで、世界中の人々の健康と豊かな生活に大きく貢献されています。

プロジェクトデータ

お客さま 第一三共ケミカルファーマ株式会社様
場所 神奈川県
生産品目 医薬品製造
当社業務範囲 詳細設計・施工・試運転
完成時期 2019年2月