A社様
晶析工程の自動化による品質安定と省人化

これまでの手作業による運転に比べて、作業の省力化、品質の安定化を図ることが出来ます。

温度調節ユニット

実装概略図

背景と課題 高品質製品製造による競争力の強化。

A社様では、競争激化の渦中にある医薬品製造受託業界で戦略的に勝ち抜くために、『競争力強化』に向けた様々なアプローチを検討・施策しておられました。
紹介事例は、原薬製造プロセスで重要な晶析工程です。
この晶析工程は、条件が複雑で、且つその操作方法で製品の品質が左右されるため、経験値の高いオペレータのスキル(手作業)に依存し、運転負荷の高い操作でした。

要望

A社様のご要望は、晶析工程を自動化することで、作業の省力化、品質の安定化を図ることでした。

手段 調査→提案→実装へ。

打合せや現地確認を重ねた結果、弊社より、設備的には既存UTTの利用を、制御的には調節計およびPLC+グラフィックパネルをベースとしたシンプルな構成の自動化システムを提案しました。
これらの実装化に当たっては、パッケージユニットを開発し、既存設備に外付けすることにより、現地工期が短縮(生産停止の影響を最小化)できることを評価頂き、採用頂きました。
また、開発に当たっては、リスクベースアプローチによりシステムを設計・構築し、リスクを製造部門、設備部門で共有することで、既存設備の改造を最小限にすることによる、短期間での設備導入を実現しました。
加えて、設計段階でシミュレーション技術を最大限に活用することで、バリデーション時間の短縮化を実現しました。

結果 投資コスト抑制・自動省力化・高品質製品製造システムの構築

投資コストを抑制して自動化・省力化できたことはもちろん、リスクベースアプローチにより、ヒューマンエラーおよび手作業による品質のばらつきも削減できました。
なお、自動化システムの導入に当たっては、多彩な製造パターンにも対応できる自由度のあるシステムを実装化したことで、品目の切り替えや新製品の取り込みも短期間で可能となりました。
今回の事案は、ビジネスのスピードアップに貢献できる提案の1つとして、A社様より、高い評価を頂きました。

関連する技術