環境への取り組み

産業廃棄物の適正処理ならびに「ゼロエミッションの実現」に向け、環境教育の充実など従業員のスキル向上に、より一層取り組んで参ります。

方針

  • 環境事故・ゼロ
  • 建設廃棄物のサプライチェーンにおけるゼロエミッション

システム

環境マネジメントシステム

ISO14001やレスポンシブルケアコードを参考に、当社独自の環境マネジメントシステムを構築し、運用しています。

ツール

施工工事関係環境側面評価、環境計画書

環境影響が大きいと考えられる工事では、プロジェクト以外の専門家も参加して、受注から設計、施工、竣工までの全段階について、環境側面を評価します。ここで著しいと判断された環境側面に対して環境計画を立案し、産業廃棄物のリサイクルおよび規制される環境法令を確認して施工工事関係環境計画書を作成します。

CSR調達

サプライチェーンにおける環境影響の改善やその他の社会的責任を全うするため、下のような要件を備えた供給者から調達を行うようにしています。

  1. 1.法令・社会規範の遵守
  2. 2.環境保全と安全性が確保された製品・サービスの提供
  3. 3.人権尊重と労働環境の改善・向上の取り組み
  4. 4.適正な品質・価格、確実な納期、迅速な情報の提供
  5. 5.体制の整備及び仕入先への展開

法令改正・環境教育対応

環境教育風景

環境法令は、毎年の様に制定や改正があります。また、建設廃棄物のサプライチェーンにおけるゼロエミッションについても廃棄物処理の環境変化に逐次見直しを図り対応する必要があります。当社は、その情報を的確に取得し、自社の事業に関するものは、いち早く教育資料として整備し、社員全員に漏れなく情報が行き渡るよう「安信ナビ」や環境教育会、RC委員会等を通じて社内コミュニケーションを図り、必要な対応を取り進めています。

廃棄物データ処理システム

当社では建設工事等で発生する産業廃棄物の処理を委託する際に、当社が交付するマニフェストを管理するデータベースを構築し、全データを一元管理しています。これを産業廃棄物の適正処理とマニフェスト管理、および、ゼロエミッション達成のために必要な統計指標に活用しています。

事例

石綿粉塵測定

改造や解体工事では、石綿を含有する古い建材が使われていると、石綿が飛散する恐れがあります。当社ではこのような現場で、飛散防止対策と共に周辺環境の測定を行いました。

騒音対策

周辺が住宅地などになっている工事現場では、低騒音工法や防音対策をおこないます。