企業情報

安全への取り組み

安全・環境・品質に関する取り組み

重大事故・災害ゼロを重点目標として活動しています。過去に発生した事故や災害の要因を多角的に分析し、現場のあらゆる不安全の撲滅を目指しています。

方針

  • 安全の確保は、事業活動の大前提
  • 事故および労災はゼロ目標
  • 社会からの信頼の獲得

安全確保は、経営トップの基本方針が左右します。社長の「『安全の確保は当社事業の全ての活動の原点である』との企業理念に基づき、『あらゆる災害を絶滅する』ことを宣言する。」との安全決意表明を現場に掲示し、社員および協力会社一体での労働災害の防止を展開し、ゼロ災を目指します。

2017年4月1日
代表取締役社長 佐久間 良介

システム

安全標準

当社の社員が様々な現場でレベル差のない安全管理が出来る様、社内データベース(グループウェア)に各種安全規程を「安全標準」としてまとめています。法改正に呼応し、また、現場の意見を反映しながら常に見直しを加え現状に即したものにしています。

ツール

安全環境掲示板の活用による社内コミュニケーションの展開

労働災害・法令改正・日常のRC活動等の状況の「可視化」を行い、環境・安全業務全般への取り組みに対する社内コミュニケーションの強化を推進してまいりました。

リスクアセスメント

工事のリスクアセスメント(RA)を着実に実施。RAで得られたリスクの低減対策の確実な実施と三現主義(現場・現物・現実)に基づく工事SA(セーフティアセスメント)、現地KYにより、作業の安全確保に努めています。

リスクアセスメントへの取り組み 危険性・有害性(不安全な設備、不安全な状態等)と作業者(不安全な行動)が接触した場合、リスクの発生となる。リスクアセスメントの実施、低減対策の実施を行い、作業手順・施工要領の検討から安全施工サイクルをつくり、危険ゼロの工事現場へ

作業安全ダイジェスト

厳守すべき法や当社としての上乗せルールを、誰でも理解できるよう図等を多用しています。

安全講演会

社員の安全意識向上や最新知識習得を目的に、毎年1回講演会を実施しています。
近年は外部講師として安全リスク管理の専門家や大手ゼネコンの安全部門責任者を招き、「ヒューマンエラーへの対応策」「大手ゼネコンの安全管理手法」をテーマに開催しました。
また熱中症の防止については、最新の情報と社内発生状況を分析した「熱中症ガイドライン」を毎年更新し、発生時期に先駆けて春先より周知徹底を図っています。

事例

労働災害ゼロを目指して、現場現物で確認し、残存する不安全を発掘して未然に改善を図っていくために、安全施工サイクルの充実を図っています。

毎日のサイクル 安全朝礼(全員)、作業指示書・KYシート確認、安全ミーティング(危険予知)、使用開始時点検、作業所長巡視:KY内容の実施状況確認[現場パトロールで、KY活動の対策項目の実施状況を確認し、写真に撮り記録に残す。]、作業中の指導・監督:この日々のサイクルが確実に回っているか現場所長が自主点検し、不具合があれば改善。特に、搬入~準備、監視の付帯作業を封点滴に気付きを与える。、安全工程打ち合わせ:翌日の作業計画確認[作業計画書/手順書に想定される危険源と安全指示事項が記述されているかを確認](翌日の手配)、持場後片付け、終業時の確認

毎日のサイクル

パフォーマンスデータ

2020年度の労働災害発生件数は前年度から横ばいで、改善には至りませんでした。
死亡労災については10年以上発生ゼロを継続していますが、これからも「あらゆる災害を撲滅する」ことを目指し、リスクアセスメント・KY(危険予知)活動等にて現存する不安全状態を未然に発掘し、協力会社を含め全ての工事関係者が一体となり改善していく活動を推進してまいります。

労働災害の推移

関連情報