安全への取り組み

重大事故・災害ゼロを重点目標として活動しています。過去に発生した事故や災害の要因を多角的に分析し、現場のあらゆる不安全の撲滅を目指しています。

方針

  • 安全の確保は、事業活動の大前提
  • 事故および労災はゼロ目標
  • 社会からの信頼の獲得

安全確保は、経営トップの基本方針が左右します。社長の「『安全の確保は当社事業の全ての活動の原点である』との企業理念に基づき、『あらゆる災害を絶滅する』ことを宣言する。」との安全決意表明を現場に掲示し、社員および協力会社一体での労働災害の防止を展開し、ゼロ災を目指します。

システム

安全標準

当社の社員が様々な現場でレベル差のない安全管理が出来る様、社内データベース(グループウェア)に各種安全規程を「安全標準」としてまとめています。法改正に呼応し、また、現場の意見を反映しながら常に見直しを加え現状に即したものにしています。

RC管理体系(全社安全環境組織)

レスポンシブル・ケア(RC)活動を推進するために、管理体制を構築しています。各部署にRC委員を配置し、災害速報、連絡事項をリアルタイムに社員全員へ周知徹底しています。

ツール

安信ナビ(データベース)の活用による社内コミュニケーションの展開

労働災害・法令改正・日常のRC活動等の状況の「可視化」を行い、環境・安全業務全般への取り組みに対する社内コミュニケーションの強化を推進して来ました。

リスクアセスメント

工事のリスクアセスメント(RA)の実施を推進し、現在定着してきました。RAで得られたリスクの低減対策の確実な実施と3現主義に基づく工事SA(セーフティアセスメント)、現地KYにより、作業の安全確保に努めています。

作業安全ダイジェスト(2018年度版)改訂

厳守すべき法や当社としての上乗せルールを、図を多用して、誰が読んでも理解できるように改訂しました。各協力会社に配布し、ルールの遵守・徹底を図っています。

安全講演会

ヒューマンエラー講演会

社員の安全意識向上や必要な最新知識習得を目的に、随時講演会を行っています。近年は外部講師として、心理学の専門家や大手ゼネコンの安全部門責任者を招き、「ヒューマンエラーの認知科学」「大規模建設工事における安全衛生管理手法」をテーマに開催しました。また熱中症の防止にあたっては、最新の情報と社内発生状況を分析した「熱中症ガイドライン」を毎年更新し、発生時期に先駆けて春先より周知徹底を図っています。

事例