生産支援システム

生産現場の様々なニーズを満たす生産支援システムを提供します。

特長

生産支援システムは、生産現場における様々なニーズに応えるソリューションです。
生産性や品質の向上という役割を担っているため、工場設計・建設の計画時に検討頂く事を提案します。
システムの単独構築や個々の機能に絞った導入も可能です。

システムイメージ

ご要望に応じて柔軟に対応いたしますので、 ご要望がございましたら、ご相談ください。

こんなお悩みはありませんか?

実際の製造現場のニーズから当社が独自開発した、生産支援システム機能を数多く取り揃えています。

生産支援システムの機能例

秤量作業支援機能

生産管理システムからの秤量指図に基づき、秤量作業ガイダンスをモバイル端末に表示させるとともに原料秤量ラベルを発行し、調製作業時の誤投入防止に利用致します。
また、原料残ラベル発行、秤量実績確認画面、秤量記録書作成等の機能により現場作業の効率化を実現致します。

作業者行動センシング機能

ウェアラブルデバイスを装着した従業員の行動情報をリアルタイムにクラウドに送信し、作業動線や作業状況の可視化を実現致します。設備配置の検討やセキュリティの強化に活用することができるとともに、原価管理の向上に貢献致します。

電子SOP機能

標準業務手順書(SOP:Standard Operation Procedure)を電子化することによりペーパーレス化及び作業精度向上を実現致します。生産管理サーバから調製に関する製造指図情報及びレシピ情報を取得し、作業工程順情報、作業毎の指示情報、記録入力欄を表示します。また、作業実績は生産管理サーバに反映され製造事務所にて製造進捗状況のモニタリングも可能となります。

製造状況監視機能

各装置からプロセスデータ(温度/撹拌機回転数/電流値等)、各充填/包装ラインから製造実績を定周期収集及び蓄積し、収集データのトレンドデータを管理端末の画面に表示することによって、生産事務室にて製造状況をリアルタイムに把握できます。また、各機器の稼働時間、停止時間、稼働率の算出に活用できます。

出荷検品支援機能

誤出荷防止の為、生産管理サーバから出荷品情報(出荷指示、サンプル画像、セット品重量等)を受信して、出荷検品対象商品と比較し、重量が管理値以内であれば写真を撮影/保存します。また、検品履歴検索(日時、出荷コード ⇒ 重量+出荷品画像)を兼ね備えています。写真と実体とは送り状で紐つけることを想定しています。

関連するパッケージ

関連する分野