有機溶剤脱水回収システム

OSDS : Organic Solvent Dehydration System

ゼオライト浸透気化膜を使用して、有機溶剤を脱水・精製するシステムです。
品質が不安定な有機溶剤をエレクトロニクスグレードに改質してから利用する等、さまざまな用途に使用できます。

装置概要

ゼオライト浸透気化膜を使用して、有機溶剤中の水分を選択的に除去します。
グループ会社 三菱ケミカル開発のMSM-1膜を使用することにより、従来のゼオライト膜で対応不可能だった酸性有機溶剤や、含水率の高い有機溶剤も安定的に処理することができます。

また、イオン除去ユニットや蒸発ユニットを付加することにより、不純物を除去することも可能です。

IPA回収精製システム(S111)

膜モジュール

特長

  • 浸透気化膜能力をフルに活用したコンパクトなシステム (ユニット化対応)
  • 耐熱、耐水、耐酸性 に優れた高耐久性のセラミック膜の使用
  • 有機溶剤を高度に精製可能
  • 必要なユーティリティは電源及び冷却水等(蒸気は必要ありません)
  • 長年の納入実績を反映した信頼性の高い安全システムを採用
  • 全自動から手動までさまざまなシステムが可能

用途

溶剤リサイクル、廃液減容化等

設備納入実績

バイオエタノール脱水システム

IPA脱水精製システム

原理 浸透気化法(ペーパーレーション)

主な対応溶剤

イソプロピルアルコール(IPA)、エタノール、アセトン、N-メチル-2-ピロリドン(NMP)、アセトニトル、酢酸エチル、酢酸ブチル、トルエン、THF、DMF、DMSO、MEK など

関連する強み

関連する技術