医薬品・化粧品

医薬品製造施設づくりのトータルエンジニアリング

医薬品製造施設づくりには、トータルエンジニリングとしての取り組みが欠かせません。当社はユーザー系エンジニアリング会社としての、幅広い知識・経験を織り込み、最新のGMP、バリデーションに準拠した設計・施工業務を行います。建設プロジェクトはコンセプト策定から設計(基本・詳細)~建設~試運転~本運転・保守の一連の流れで進行します。
建設コストは、コンセプト~基本計画~基本設計に至る「マスタープラン」策定段階で決定される事項・内容が、プロジェクト全体コストの約80%程度を占めるといわれており、最も重要なフェーズとなります。
当社では、基本設計時から総コストを意識し予算管理を確実に実施します。

バリデーションについて→

主要実績紹介

医薬品製造工場

衛生用品

関連技術